アコム プロミス どっちがいい

アコムかプロミスか どっちがいいの?

アコムかプロミスか迷っていますか?

 

アコム,プロミス,どっちがいい

 

アコムもプロミスもお金をスピーディーに貸してくれる消費者金融です。
そして、どっちも最大30日間の無利息期間がついていますよね。

 

消費者金融でお金を借りようとする時に、この無利息で借りれるアコムかプロミスで迷う人が非常に多いです。
僕もどちらにしようか迷いました。

 

僕の場合は結果的にアコムとプロミス、両方で借りた経験があります。
それをもとに、アコムとプロミスを比較した結果や審査のときの雰囲気をお伝えしてみたいと思います。

 

 

アコムとプロミス 両方借りれました。


 

【目次】

 

アコムとプロミス どっちが借りやすい?審査の柔軟度は?

よく「アコムとプロミス どっちが審査が甘いんですか?」と聞かれることがあります。
僕も借りる時は、どっちが審査が緩いんだろう・・・と考えたりしました。

 

しかし実際に、簡単にどちらが甘いということは言えないのです。

 

アコムとプロミスは別の会社(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランド)ですから、審査でチェックする部分が全くの同一ではありません。
このことから審査に通るか落ちるかの結果が別れることはあります。

 

しかし、どちらもきちんと返済能力や融資金額とのバランスを考慮した上での審査になっているので、実際は審査申し込みをしてみないとわからないのです。

 

アコムに落ちたけどプロミスで借りれた。プロミスで落ちたけどアコムで借りれた。どちらのケースも多々あります。

 

 

実際に審査してみないと結果はわからない。


 

アコムとプロミス すぐに借りれる、早いのはどっち?

銀行カードローンと違って、消費者金融は最速レベルで借りられるのがメリットです。

 

アコムもプロミスも、ネット申し込みで最短1時間融資が可能となっています。

 

僕が両方借りた経験でいうとアコムのほうが早かったですが、プロミスには瞬フリという24時間365日最短10秒で振込キャッシングできるサービスがあるので、早いです。
※ただし、瞬フリの利用には、「三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座をもっていること」が条件となっています。

 

瞬フリについて注意事項
三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をプロミスにご登録が必要。詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。

 

 

アコムとプロミス どちらも最短1時間融資が可能。

僕の場合はアコムのほうが早かった。


 

アコムとプロミス 金利が安いのはどっち?

 

アコムの金利は、金利 年 3.0%〜18.0%
プロミスの金利は、金利 年 4.5%〜17.8%

 

 

アコムとプロミス 金利が安いのはプロミスです。


 

詳しくはこちら→アコムとプロミス金利が安いのはどっち?利息計算してみた結果

 

 

アコムとプロミス 無利息期間に違いはあるの?

アコムもプロミスも無利息期間がついています。
どちらの場合も期間は最大で30日です。

 

プロミスで無利息期間をつけるには、WEB明細の利用登録とメールアドレスの登録が必要です。

 

詳しくはこちら→アコムとプロミス 無利息期間の違い

 

自動契約機の違いは?

アコムもプロミスも人と会わずにカードを発行できる自動契約機があります。
アコムはむじんくん、プロミスは、名前は知りません^^;

 

自動契約機とは、文字通りそこで契約ができる機会なのですが、僕はカード発行のみしか使っていません。
というのは、ネットで先に申し込み〜契約確認までしておいたほうが、自動契約機に行く手間もないし、早いからです。
(結果的に早かった ということですけど)

 

それから、申し込みをして万が一「落ちた」となったら、自動契約機に行くのが無駄足になってしまいます。
スマホで先に審査してもらっておけば、そこで結果確認と契約ができますからね^^

 

アコムとプロミスの自動契約機の違い

肝心の違いですが・・・はっきり言ってあまりありません。

 

場所がどこにあるか・・・ということくらいです。
街中ならどちらも駅前にありますし。
とくにどっちが不便ということはありません。

 

営業時間も一度カードを発行してしまえば、どちらも24時間借り入れできますし、最初のカード発行も基本的に9:00-22:00です。
これは土日祝でも9:00-22:00ですよ。

 

アコムは年末年始は除くとなっていますが、プロミスも一部店鋪では営業時間が異なりますと記載されています。
特別な時以外はアコムでもプロミスでも夜22時くらいまでなら、はじめて借りる時の、カード発行も可能というわけです。

 

あえて、アコムとプロミスの無人契約機を比較するとすれば、契約機のある場所が自分の行きやすいところかどうかですね。
ただ、カード発行は最初の一度だけですし、郵送してもらうなら無人契約機は関係ありませんから、自動契約機の違いで比較するのは、大きなポイントではないです。

 

アコムとプロミス 使えるATMの違いは?

お金を借りたり(現金の引き出し)や、返済するのにATMが便利です。
僕もいつもATMです。

 

ATMの利便性でどちらがいいか・・・気になるところではありますが、どちらもほとんどのコンビニATMやメジャーな銀行と提携していますから、どっちしかダメ!と選択肢が絞られるほどではありません。

 

アコムもプロミスも専用ATMだと手数料無料で利用できます。

 

アコムとプロミス ATMの違い 手数料を比較

それぞれのATMの所在地や営業時間は変わることもありますので、最新情報は公式サイトで確認してください。
ここでは、借り入れや返済にかかるATM手数料を比較します。

 

●アコムのATM利用料
アコムのATM
→無料

 

提携ATMで借り入れ・返済
1万円以下→108円
1万円超→216円

●プロミスのATM利用料
プロミスのATMと三井住友銀行ATM
→無料

 

提携ATMで借り入れ・返済
1万円以下→108円
1万円超→216円

 

アコムもプロミスも専用ATMだと手数料はかかりませんから、頻繁に借り入れ・返済をしたい場合は、自分の行きやすいところにATMがあるほうを選んだほうがいいですね。
少額の手数料でも、ちりも積もれば山となります!

 

詳細はこちら→アコムとプロミスの提携ATM

 

アコムとプロミス その他手数料はかかる?

ATMの利用手数料以外に発生するのが、印紙代とカード再発行手数料です。

 

印紙代とは、税金を払うために必要なお金です。
経済取引に関連して作成する文書には「印紙税」がかかり、その税金を収めるために印紙を購入して書類に貼ります。
これで印紙税を収めたことになるんです。
不思議な話ですけどね・・・

 

●アコム その他の手数料
・印紙代がかかります。
(カードローンの新規契約なら200円程度)
・カードを紛失した場合に再発行手数料324円がかかります。
※これらの手数料は返済金額から充当されるので、別途で支払う必要はありません。

●プロミス その他の手数料
・印紙代はかかりません。
・プロミスカードの再発行手数料は無料です。

 

結局、アコムとプロミスどっちがいいの?

両方借りた僕から、ズバリ言ってしまうと、ほとんど差がないです。

 

ですから、急いでいてすぐに借りたい場合は両方審査に申し込んでおいて、早かったほう、審査に通ったほうで借りるのがいいでしょう。

 

アコムとプロミス両方一度の申し込むのは問題ありません。

 

両方審査に通っても、どちらかを選ぶことができます。
(選ばなかったほうのお金はかかりません)

 

もちろん、どちらかしか審査に通らなければ、そっちしか借りられませんからね^^;

 

もしも、両方落ちた場合は、モビットがおすすめです。

 

 

アコムとプロミス 両方申し込んでみるのはOK


 

↓アコム公式サイトへ

 

↓プロミス公式サイトへ

 

 

 

↑ PAGE TOP